名馬.jp

ユウセンショウ

  • (C)JRA

プロフィール

父: ラグビーボール
母: ユウミロク
品種: サラブレッド
性別: 雄
毛色: 鹿毛
生年月日:1992年05月13日
母馬所有者: タイヘイ牧場
生産牧場: タイヘイ牧場
産地: 北海道静内郡静内町

重賞競走

'96 目黒記念 G2

'96 ダイヤモンドS G3

'97 ダイヤモンドS G3

近況 2016年4月

元気に過ごしています。お気軽にお立ち寄りください。

繋養者情報提供者:

MOVIE

繋養展示場所
〒056-0011 北海道日高郡新ひだか町静内真歌308~2
 
タイヘイ牧場
TEL
0146-43-3339
展示時間
09時00分~16時00分
休憩時間
11時30分~14時00分
連絡予約
前日まで
厩舎内への立ち入り
不可
着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1996年02月19日 目黒記念 G2 東京 2500
1 1996年01月27日 ダイヤモンドS G3 東京 3200
1 1997年02月15日 ダイヤモンドS G3 東京 3200
2 1996年06月01日 エプソムC G3 東京 1800
1 1995年04月22日 新緑賞 500万下 東京 2200
1 1996年01月15日 初春賞 900万下 東京 2500
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1994年 中央 3 0 1 0 2 3,290,000
1995年 中央 12 2 2 0 8 34,273,000
1996年 中央 9 3 1 0 5 140,196,000
1997年 中央 5 1 0 0 4 46,581,000
1998年 中央 4 0 0 0 4 2,400,000
1999年 中央 9 0 0 0 9 4,300,000
1999年 地方 4 0 2 0 2 5,600,000
合計 中央 42 6 4 0 32 231,040,000
合計 地方 4 0 2 0 2 5,600,000

2018年5月 ~ユウセンショウとの再会~

今回の再会は、ステイヤーとして活躍したユウセンショウです。


ユウセンショウは、1992年生まれの26歳。競走馬時代はダイヤモンドステークス連覇やGⅡの目黒記念を制し、GⅠではサクラローレル、ナリタブライアン、バブルガムフェロー、マーベラスサンデー、マヤノトップガンといった強豪と戦いました。

通算成績は46戦6勝。

芝の中長距離戦、とりわけ左回りを得意としながら、2億円を超す賞金を獲得しました。


引退後は種雄馬生活を経て、引退名馬となり、生まれ故郷のタイヘイ牧場(新ひだか町静内)で余生を送っています。
 

彼のいる放牧地へ案内してくれたのは、牧場のゼネラルマネージャーを務める八尾圭樹さん。

専用の広い放牧地で、悠々と草を食んでいました。近況をうかがうと、


「一昨年に下痢をしたことがあって、それを機にエサを変えました。
すると、食いが良くなって、体調改善につながりました。
高齢馬ですから、飼い葉はいつも食べやすい状態で与えています。
時間をかけて、全部平らげていますよ。寒い季節は日中放牧、暖かい季節は昼夜放牧をしています。」

飼い葉には工夫を凝らし、油も与えているそうで、充実の食生活が長寿につながっているようです。

ちなみに、好きな食べ物はリンゴ。

食べやすい柔らかさのリンゴを、美味しそうに食べるそうです。


放牧地でのユウセンショウは、おっとりしていて、自由な時間を楽しんでいました。

草を食んでみたり、立ち止まって耳を澄ませてみたり。

牧場は海から比較的近く、小高い場所にあるので、散歩をしたくなるような見晴らしの良い場所です。


リラックスした日々の中には、彼だからこそできる仕事をする場面もあります。

種付けシーズンでのアテ馬です。

牧場の強い馬づくりに貢献しています。


「もともとは気性の強い面がありましたが、今では穏やかですね。
去勢はしていなくて、雄馬のままです。
春は、牧場のアテ馬としてもよく頑張ってくれているので、助かっています。」

ユウセンショウをお目当てに、毎年遠方から10組ほど見学者が訪れているそうで、それぞれ嬉しい対面を果たしています。


「現役当時を応援していた方が多いですね。
ユウセンショウをキッカケに競馬が好きになった方や、母ユウミロクの子たちを追いかけている方もいます。
弟にあたるゴーカイとユウフヨウホウは中山大障害馬ですからね。
熱い思いを持ったファンの皆さんと会えて、馬も喜んでいることと思います。」


5月13日に誕生日を迎え、30歳の大台も少しずつ見えてきたユウセンショウ。

故郷でゆったりと長寿馬の道を歩むことでしょう。


「衰えている部分はありますが、実年齢よりは若いですね。
放牧地では、力強く走ることもありますよ。
これからも無事に引退明馬として生活を送って欲しいと思います。
ユウミロクの亡くなった年齢が34歳ですから、その年齢を超えるぐらい、長生きして欲しいです。」


八尾さんの願いを込めたメッセージを受け止めているかのように、ユウセンショウは耳をピンと立てて、優しい表情を作っていたのでした。