名馬.jp

グラスワンダー

プロフィール

父: Silver Hawk
母: Ameriflora
品種: サラブレッド
性別: 雄(セン)
毛色: 栗毛
生年月日:1995年02月18日
母馬所有者: Phillips Racing Partnership & John Phillips
産地: U. S. A.

重賞競走

'97 朝日杯3歳S G1

'98 有馬記念 G1

'99 宝塚記念 G1

'99 有馬記念 G1

'97 京成杯3歳S G2

'99 京王杯スプリングC G2

'99 毎日王冠 G2

近況 2020年12月

変わらず元気でのんびり過ごしてます。

繋養者情報提供者:

MOVIE

繋養展示場所
〒059-2425 北海道新冠郡新冠町明和138~10
 
明和牧場
展示時間
09時00分~11時00分
連絡予約
当日でも可
見学申込方法
競走馬のふるさと日高案内所 TEL 0146-43-2121
見学方法
希望により案内あり
厩舎内への立ち入り
不可
備考
マナーを守って見学をお願いします。

同じ繋養場所にいる引退名馬

着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1997年12月07日 朝日杯3歳S G1 中山 1600
1 1998年12月27日 有馬記念 G1 中山 2500
1 1999年07月11日 宝塚記念 G1 阪神 2200
1 1999年12月26日 有馬記念 G1 中山 2500
1 1997年11月08日 京成杯3歳S G2 東京 1400
1 1999年05月15日 京王杯スプリングC G2 東京 1400
1 1999年10月10日 毎日王冠 G2 東京 1800
2 1999年06月13日 安田記念 G1 東京 1600
1 1997年10月12日 アイビーS オープン 東京 1400
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1997年 中央 4 4 0 0 0 114,694,000
1998年 中央 3 1 0 0 2 141,886,000
1999年 中央 5 4 1 0 0 435,066,000
2000年 中央 3 0 0 0 3 0
合計 中央 15 9 1 0 5 691,646,000
年度 表彰情報
1997年 最優秀2歳牡馬
1999年 特別賞

2021年12月 ~グラスワンダーとの再会~

今回の主役は1998年、1999年の有馬記念を連覇したグラスワンダーです。

現在は新冠町の明和牧場で引退名馬として余生を送っています。


グラスワンダーは1995年生まれの米国産馬。
日本で競走生活を送りました。

2歳時から頭角を現し、朝日杯3歳S(現 朝日杯フューチュリティS)を優勝。

休養を挟んで挑んだ3歳秋の毎日王冠は、サイレンススズカ、エルコンドルパサーとの対決に13万人というGIに匹敵する大観衆が集まり「史上最高のGⅡ」として今なお語り継がれています。

3歳暮れの有馬記念で復活の勝利をあげ、古馬となってからも宝塚記念、有馬記念を優勝。

スペシャルウィークやテイエムオペラオーといったスターホースと火花散る名勝負を繰り広げました。


近況を語ってくれたのは明和牧場の浅川明彦さんです。

2020年に種雄馬を引退し、ビッグレッドファームから明和牧場へ移動しました。
引退名馬として2年目の冬を迎えています。


「体調は良いですね。
冬の放牧では、寒さに合わせて馬服を着せています。
年齢を重ねて少し肉が落ちて、背中が垂れてきたところがありますね。
気の良い馬で人間にいたずらするようなこともなく、馬房もきれいに使いますし、扱いやすい馬です。」


12月、1月は朝7時半頃から放牧し、午後2時頃に集牧しているそうです。

牧場には引退名馬事業対象馬2頭を含む7頭の引退馬がいて、それぞれ近い場所で放牧しています。引退馬仲間がいるのは心強いですね。


「26歳になりますから、歯も少し弱ってきましたが、食欲は十分あってよく食べています。
厩舎で与える飼い葉は粉末にしたり、うるかしたり(ふやかす)、柔らかくした状態にしています。」


厩舎前でお話を聞きながら、凍てつく日も汗の出るような暑い日も、毎日グラスのために食べやすい飼い葉をつくり、放牧地や馬房のボロを拾っている浅川さんの姿を思い浮かべました。


放牧地でのグラスワンダーは、彼の素を知る人ならわかる通り、黙々と、黙々と、黙々と草を食んでいました。
その顔つきには安心や余裕の色を感じます。

歩きはスムーズで、冬毛がよく生えていました。
頭絡は厩舎への出し入れの時だけ着用し、普段は外しているそうです。出入りの順番はライブコンサート(2010年京都金杯の勝ち馬)が1番でグラスワンダーは3番目とのこと。


ファンの多い馬というのは言わずもがなで、グラスワンダーへのお手紙やお守りは沢山あるそうです。
コロナ禍で見学できない状況が続いていますが、こちらのサイトなどで近況を知っていただき、彼に会った気分を味わって欲しいと思います。


今求められるのは、ファンの皆さん一人一人の協力で実現できる静かな余生ではないでしょうか。


「長生きを目指して、今後もできる限りストレスをかけないような生活を、と思っています。」