名馬.jp

タイキフォーチュン

プロフィール

父: Seattle Dancer
母: Patently Clear
品種: サラブレッド
性別: 雄
毛色: 鹿毛
生年月日:1993年02月09日
母馬所有者: Taiki Farm
産地: U. S. A.

重賞競走

'96 NHKマイルC G1

'96 毎日杯 G3

近況 2020年5月

馬の様子をほぼ毎日ツイッターで更新しています。
元気な姿をご覧ください。

繋養者情報提供者:

MOVIE

繋養展示場所
〒059-3231 北海道日高郡新ひだか町三石本桐190
 
本桐牧場
TEL
0146-34-2026
URL
http://www.honkiri.co.jp/
展示時間
08時00分~17時00分
冬期展示時間
08時30分~15時00分
連絡予約
当日でも可
見学方法
自由見学
厩舎内への立ち入り
制限有
備考
雨天の場合は、厩舎内にて見学可能です。
着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1996年05月12日 NHKマイルC G1 東京 1600
1 1996年03月24日 毎日杯 G3 阪神 2000
1 1995年12月02日 葉牡丹賞 500万下 中山 2000
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1995年 中央 4 2 0 0 2 15,552,000
1996年 中央 6 2 0 0 4 138,690,000
1997年 中央 5 0 0 0 5 9,000,000
合計 中央 15 4 0 0 11 163,242,000

2021年5月 ~タイキフォーチュンとの再会~

長く「ダービートライアル」として親しまれていたNHK杯が、マイルGⅠ競走「NHKマイルカップ」として生まれかわったのは1996年のこと。

距離別競走体系の確立という意味からの番組改革だったのですが、このレースは、皐月賞やダービーといったクラシック競走に出走権利が与えられなかった(当時)外国産馬にも開放したために「外国産馬ダービー」ともいわれました。

その第1回NHKマイルカップ優勝馬がタイキフォーチュンでした。

18頭立てで行われたこのレース。

結果から言えば上位8頭までを外国産馬が独占し、しかも優勝タイムの1分32秒6は、当時オグリキャップが持っていたコースレコードにコンマ2秒差と迫るものでした。


通算15戦4勝で現役生活を退いたタイキフォーチュンは、浦河町のイーストスタッドで種雄馬となりました。初年度こそ28頭の種雌馬に種付けをおこないましたが、供用6年目以降は種付けの記録がなく、試情馬(アテ馬)兼用として過ごしていました。2020年からNPO法人引退馬協会のフォスターホースの一頭に加わり、新ひだか町三石の本桐牧場で引退名馬として繋養を開始しました。

当時27歳。

年齢的なことも考慮されて、去勢手術は行われず、今も雄のままです。


同牧場の荒川英男さんによれば
「移動してきたばかりのころは、少し気の強さもありましたが、すっかり環境にも慣れて、のんびりと過ごしています。
今は、種雌馬と同じ厩舎に入れていますが、種雌馬のことはまったく気にしないようです。」
と現在の様子を話してくださいました。

そんな性格だから、イーストスタッドでも長く可愛がられていたのかもしれません。


現在は、朝5時から夕方まで体調を考慮しながらの放牧生活です。
「28歳という年齢には見えないほど、見た目にも、そして普段の様子も元気いっぱいです。膝に古傷があるようで、坂道を下るときには少し慎重になりますが、朝、放牧すると嬉しいのか、走り回るほどに元気です。」

取材中も食欲は旺盛。

広い放牧地を少しずつ移動しながら草を食み続けています。

ただ、年齢的に仕方のないことですが、奥歯の噛み合わせが悪くなっているそうで、穀物などはすりつぶして与えているそうです。

「熱心なファンの方から、冬場には貴重な青草を送っていただきました。
乾草が食べにくくなっているタイキフォーチュンにとっては本当にありがたかったです。おかげで痩せることなく冬場を過ごすことができました。」

現在、本桐牧場ではツイッターを使って現在の様子などを発信しているのですが

「タイキフォーチュンが移動して来た頃から、一気にフォロワーが増えました。」
コロナ禍でのコメントや「いいね!」も励みになっているそうです。

「今は移動制限などがあって、なかなか会いに来られないでしょうけれども、皆様方の気持ちはSNSなどを通して伝わってきますし、馬にも伝わっていると思います。私たちは準備をしながら待っていますので、騒ぎが収まったら、ぜひ会いに来てください。」

引退名馬の中でも、年齢的には上から数えたほうが早いポジションになっていますが
「馬は元気にしています。これからも無事に、元気に、少しでも長く生きて、このような姿を多くの方々に届けたいし、見ていただきたいと思います。」

日高地方でも有数の歴史を誇る本桐牧場。名種雄馬チャイナロックの銅像が見守る中でタイキフォーチュンは元気に過ごしています。