名馬.jp

エイシンガイモン

  • (C)JRA

プロフィール

父: Seattle Dancer
母: Meadow Mist
品種: サラブレッド
性別: 雄
毛色: 鹿毛
生年月日:1993年03月22日
母馬所有者: Keswick Stables
産地: U. S. A.

重賞競走

'96 関屋記念 G3

'97 関屋記念 G3

'99 セントウルS G3

近況 2009年11月

噛みつくので見学の際は注意が必要です。非常に健康で獣医いらずです。

BTC情報提供者:

繋養展示場所
〒785-0165 高知県須崎市浦ノ内出見5番地
 
土佐黒潮牧場
TEL
088-857-0468
URL
http://tosa-kuroshio.sakura.ne.jp
展示時間
09時00分~12時00分
連絡予約
前日まで
見学方法
自由見学
厩舎内への立ち入り
制限有
備考
見学時は噛む馬もいますので一声かけてから見学をお願いします。
着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1996年08月04日 関屋記念 G3 新潟 1600
1 1997年08月03日 関屋記念 G3 新潟 1600
1 1999年10月03日 セントウルS G3 阪神 1400
2 1995年12月10日 朝日杯3歳S G1 中山 1600
2 1996年04月20日 NzT4歳S G2 東京 1400
2 1999年07月04日 函館記念 G3 函館 2000
3 1996年02月04日 きさらぎ賞 G3 京都 1800
3 1998年04月11日 ダービー卿ChT G3 中山 1600
3 1999年05月16日 新潟大賞典 G3 新潟 2000
3 1999年08月29日 新潟記念 G3 新潟 2000
4 1998年11月22日 マイルChS G1 京都 1600
5 1997年12月14日 スプリンターズS G1 中山 1200
1 1995年11月19日 白菊賞 500万下 京都 1600
1 1996年06月29日 菩提樹S オープン 阪神 1400
3 1996年03月09日 クロッカスS オープン 中山 1600
3 1997年07月13日 朱鷺S オープン 新潟 1400
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1995年 中央 4 2 2 0 0 40,788,000
1996年 中央 10 2 1 2 5 100,645,000
1997年 中央 7 1 0 1 5 63,251,000
1998年 中央 7 0 0 1 6 40,060,000
1999年 中央 8 1 1 2 4 96,210,000
2000年 中央 2 0 0 0 2 0
2000年 中央(障害) 3 1 1 0 1 13,300,000
2001年 地方 1 0 0 0 1 0
2002年 地方 2 0 0 0 2 0
合計 中央 38 6 4 6 22 340,954,000
合計 中央(障害) 3 1 1 0 1 13,300,000
合計 地方 3 0 0 0 3 0

2019年8月 ~エイシンガイモンとの再会~

関屋記念2連覇など重賞3勝。朝日杯3歳Sでも2着というエイシンガイモンは去勢されずに高知県須崎市の土佐黒潮牧場で余生を送っています。
一般的に引退名馬は去勢されることが多いのですが、ここでは雄馬のまま繋養されることが多いと言います。

そのため、26歳になってもエイシンガイモンは超がつくほどの攻撃的な気性の持ち主。

彼の馬房には「噛みます!!」という注意書きが記されています。

馬を扱う上でも去勢した方が楽だといいますが


「(牧場創業者の)父が去勢を嫌がったのです。
同じ男性だからかもしれません」と牧場代表の濱脇由起子さんが話してくれました。

「エイシンガイモンが牧場に来たのは2002年3月です。
中央競馬でも大活躍した馬ですが、高知競馬に移籍してきたのが縁となりました。
高知競馬で2戦したのち、ここに来たのです。」


ここ土佐黒潮牧場は、高知競馬場から車で約30分の距離にあります。

「馬に何かアクシデントがあったときには獣医さんとか、装蹄師の方が駆けつけてくれます。

馬たちが安心して暮らしていけるのは、高知競馬のおかげです。」と由起子代表。


それでもエイシンガイモンが来たばかりの頃は大変だったそうです。

「今でも気が強い馬なのですが、若いときは本当に大変でした。何しろ、牧柵を飛び越えて他の馬にケンカを売りに行ったりしていましたから。」


そんな向こう気の強さは今も変わりませんが、最近では興奮しすぎると、気持ちばかりが先走って、足元がヨロけてしまうこともあるそうです。

そんなエイシンガイモンの気の強さを由起子さんは「個性」だといいます。

とはいうものの、土佐黒潮牧場を訪れたならば、エイシンガイモンの馬房の前を通るときは注意してください。
 

そんなエイシンガイモンは

「ボス意識がとても高い馬」だそうです。

お気に入りは年長のレットイットビーが過ごす放牧地の隣。

あまり広い放牧地とはいえませんが、この場所でないと機嫌が悪くなるそうです。

ある意味で、とても感情が豊かで、正直な馬なのだと思います。

土佐黒潮牧場が1頭1頭の馬を大切に、家族のように接していることが分かります。

ただ、撮影には苦労しました。

放牧地でのエイシンガイモンは、馬房にいるときとは真逆でまったく動いてくれません。

じっとレットイットビーの方をむいたまま。

そんな土佐黒潮牧場には26歳のエイシンガイモンのほか、31歳のレットイットビー、そして28歳のナムラコクオーが余生を送っています。

まだ若々しい馬体のエイシンガイモンには失礼な話かもしれませんが、すべての馬に確実に訪れる“その日”まで責任を持って世話をするというのが土佐黒潮牧場のモットーです。

そんな由起子代表が最も大切にしていることは「看取ること」だといいます。

それが里親として支援してくれている会員の方々への責任であるとも。


放牧時間が終わり、馬房へと戻ったエイシンガイモンに、お礼のあいさつをしようと近づいたら、やはり威嚇されました。

それもまた、良い思い出になりました。

ここで暮らす、すべての馬たちと、彼ら、彼女らに関わる人間がいつまでも幸せでありますようにと。そんな気持ちにさせられた取材になりました。