名馬.jp

サクラキャンドル

  • (C)JRA

プロフィール

父: サクラユタカオー
母: サクラクレアー
品種: サラブレッド
性別: 雌
毛色: 鹿毛
生年月日:1992年04月09日
母馬所有者: (株)さくらコマース
生産牧場: 谷岡牧場
産地: 北海道静内郡静内町

重賞競走

'95 エリザベス女王杯 G1

'95 クイーンS G3

'96 府中牝馬S G3

近況 2018年5月

のんびりと毎日過ごしております。


繋養者情報提供者:

MOVIE

繋養展示場所
〒056-0143 北海道日高郡新ひだか町静内豊畑5~1
 
谷岡スタット
TEL
0146-46-2121
URL
https://www.facebook.com/shinwabokujyo/
展示時間
13時30分~15時30分
見学休止期間
12月01日 ~ 04月30日
 
繁殖シーズンのため
連絡予約
前日まで
見学方法
自由見学
厩舎内への立ち入り
不可
備考
見学の際は、事務所で受付け、説明を受けてください。
電話は、月~土の9:00~17:00まで対応可能です。
雨傘、日傘は、使用をお控えください。
雨天時は、雨合羽の使用をお願いします。
看板がありませんので訪問される方は、場所を確認してご来場をお願いします。
牧場のFacebookでも見学を受付しております。

同じ繋養場所にいる引退名馬

着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1995年11月12日 エリザベス女王杯 G1 京都 2400
1 1995年10月01日 クイーンS G3 中山 2000
1 1996年10月13日 府中牝馬S G3 東京 1800
2 1996年08月25日 新潟記念 G3 中山 2000
2 1996年03月23日 韓国馬事会杯 オープン 中山 1800
2 1996年04月07日 エイプリルS オープン 中山 2000
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1994年 中央 2 1 0 0 1 5,900,000
1995年 中央 10 3 2 2 3 159,019,000
1996年 中央 6 1 3 0 2 77,245,000
合計 中央 18 5 5 2 6 242,164,000

2014年11月 ~サクラキャンドルとの再会~

 
「サクラ」の馬で知られる新ひだか町の谷岡スタットは、出産から競馬場へ送り出すまでの育成を担う総合牧場ですが、そのほかにも現役馬の休養や引退後の余生を過ごしている馬たちがいる牧場です。

 
それぞれが、それぞれの立場で過ごしています。

 
もちろん、立場によって厩舎は別々ですが子供からお年寄りまでみんな一緒に暮らしており、基地と呼ぶのに相応しい牧場です。

 
昨年、繁殖生活を引退したサクラキャンドルも例に漏れず、この土地で引退名馬としての生活を送っています。


現在は22歳です。


「昨年までは、他の繁殖雌馬たちと一緒にしていましたが、今年の春から本格的な老人ホームならぬ老馬ホームとして功労雌馬を集めて放牧することにしたんです。」

と話してくれたのは、谷岡スタットの谷岡 毅代表。
 
 
一緒に放牧しているのは、2002年の関東オークス馬サクラヴィクトリア(雌、15歳)と2009年の函館記念など重賞2勝サクラオリオンの母のサクラセクレテーム(雌、21歳)です。


放牧地へ歩を進めると

「キャンドルの顔を上げさせるのは至難の業だよ。
見学に来るファンの人がいつも一度も顔を上げてくれなかったってガッカリして帰るから」

と笑う谷岡代表の言葉通り、3頭共こちらにお尻を向けて全く興味を示してくれません。


遠目に後肢の派手な白ソックスであれがサクラキャンドルと確認できるものの、当の本馬は目の前の青草だけに集中し、お食事の真っ最中でした。

「以前の放牧地はほとんど車の往来がない静かな場所でしたが、現在は割と交通量がある場所に移動しています。
最初は気にしたり騒いだりするかな?
と思って見ていましたが全然平気みたいです。
肝っ玉母さんたちはこんなことでは動じないようですね。
3頭共個性が強いタイプではありますが、適度な距離を保ちながら仲良くやってます。」

夏場は朝4時から日が落ちるまで、日が短くなった現在でも5時から夕方4時半まで放牧に出るそうで、担当しているスタッフの方いわく

「走ってる姿は見たことがないです。
ずっと首を下げて草を食べているか、たまに首を上げていると思えばウトウトと寝ています。
1頭でもうるさい馬がいると、全体がカリカリした雰囲気になってしまうところですが、みんなのんびりしていて、いい“茶飲み仲間”といった感じですね。」

「健康そのもので全く手がかかりませんし、歳を取っても張りのある若々しい馬体は、この血統の長所ですね。
ずっとこのメンバーで長生きして欲しいです。」
と願っていました。
 

サクラキャンドルが付けている革もくし(無口)のネームプレートには、自身の母、サクラクレアーの文字が刻まれています。
天皇賞馬サクラチトセオーやサクラメガワンダーの母サクラメガをこの世に送り出し、25歳まで現役繁殖雌馬だったサクラクレアー。


キャンドルはその後継雌馬として、「命」と「もくし」を受け継ぎ、次世代に血を繋ぐ役目を全うしました。
 

これからは、いつまでも元気でいることが新しい仕事です。


動画も公開していますので「サクラキャンドルの近況」からご覧ください。